(ウイイレアプリ2020)試合をしてみて感じた2019との違い

皆さんこんにちは。こぶねです。
さて昨日、ウイイレアプリ2020がリリースされました。
今回は、ウイイレアプリ2020で試合をして感じた今までとの違いについて書いていきます。

前作(ウイイレアプリ2019)との違い

僕はウイイレアプリ2018からプレーしているので簡単に振り返ってみると

ウイイレアプリ2018、19、20とアップデートの度に試合スピードが遅くなっています。

さらにウイイレアプリ2020ではパスミスやトラップミスも試合中に起こるようになりました。

前作ではそういったミスは少なかったため、現実のサッカーに近づけようと変わってきていると感じます。

ディフェンスとフォワードの競り合いのところも、よりリアルになっています。

あとはゴールキックも変わっていますね。

ボックスの中にディフェンスの選手が入ってくれるので、キーパーから落ち着いてパス回しができると思います。

攻撃はしづらい

ただ、操作はしづらくなりました。

守備面では特に問題はなかったのですが、攻撃が難しかったです。

プレーしてみると気になるのですが思ったよりもパスミスが多くて、

体勢を整えた状態でパスを出さないとディフェンスに取られてしまいます

浮き球を使うにしろトラップで失敗してしまうこともあり、

そういった部分はこれから練習して慣れていく必要がありますね。

僕は繋ぐことで精いっぱいで、今は1試合にとれても1、2点という状況です。。。

変わっていないと感じたこと

シュートやキーパーの反応などに関しては前作とほとんど変わりがないと感じました。

それなりに総合値の高いフォワードであれば、1対1は確実に決めてくれますね。

あとは個人差もあるかとは思いますが、スタミナの減りも気になりませんでした。

最後に

試合の内容や選手同士の競り合いなど、試合内容はどんどん現実に近づいています

あとはプレー方法をしっかり覚えて試合に活かしていきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!