(ウイイレアプリ)守備最強クリストバルブエナ(ディエゴシメオネ)徹底解説!

 
 
皆さんこんにちは。こぶねです

今回は監督紹介をしていくのですが間違いなく守備最強の監督、ディエゴシメオネ監督です。

アトレティコマドリードで指揮をとるこの監督ですが、ウイイレアプリではクリストバルブエナという偽名で登場しています。

愛用しているユーチューバーも多いこの監督のどこがすごいのか見ていきます。

※この記事はウイイレ2019の内容になります。

ウイイレ2020でのシメオネの記事はこちらをお読みください。

ウイイレアプリ2020・守備最強監督クリストバルブエナ紹介!(本名;ディエゴシメオネ)

シメオネの戦術

フォーメーション;4-4-2 マネジメント;650

※おすすめはオフェンシブ戦術です

・オフェンシブ戦術

・ディフェンス戦術

画像引用元;https://gamerch.com/pesmobile/entry/58943

シメオネのどこが強いのか

この監督の強いところは4-4-2で超コンパクトに守るところ。とにかくゴール前に人数をかけ、ボールを奪ったら速攻でカウンター攻撃という戦術です。

守備での強みは引きながらプレスをかけられること。まず、守備タイプがリトリートなので裏をとられることはほとんどありません。そしてプレッシングはアグレッシブ。ウイイレではリトリート型の監督だとミドルシュートを打たれてしまうことも多いのですが、中盤からしっかりプレスをかけられるのでケアできます。

さらにカウンター攻撃では2トップを起点として初心者でも比較的攻撃しやすいのも魅力。

シメオネの使い方

リトリート&アグレッシブの守備

守備でのポイントを見ていきます。ディフェンス時は勝手に最終ラインが下がってくれるので最終ライン(LSB、CB、RSB)の選手は基本は動かしません。

シメオネ監督を使う時意識することはとにかく相手の攻撃を遅らせることです。基本は中盤の選手にカーソルを合わせ、ボールをもっている選手に抜かれないように守備をします。自分の守備ブロックが崩れない程度にプレスをかけてもかまいません。

相手の攻撃を遅らせることで自チームのディフェンスがしっかり下がり、ボールを奪えばカウンターのチャンスにもなります。

もちろん裏をとられそうなときは最終ラインの選手を動かします。最終ラインの選手は相手につきながら少し相手より下がった位置にいると効果的です

カウンター型の攻撃

次は攻撃時のポイントを見ていきます。まず、攻撃はカウンター型ですがシンプルにパスを回しボールを失わないことが大切です(特にパスミスに気を付けましょう)。

攻撃では2トップを活かした攻撃がおすすめです。ワンツーパスでの強引な突破もできますが、相手キーパーとの1対1になったとき、2トップなのであえて横パスにしてもう一人が確実に決めるというのも気持ちいいです。

また、中盤でパスを回し相手ディフェンスを寄せてからフォワードへの縦パスも効果的です。攻撃エリアは中央ですがサイドも積極的に使うと攻撃の幅も広がります。

人選について

・フォワード(CF、ST)

カウンター型なので出来ればスピードがあり、裏への抜け出しが得意な選手を選びましょう プレースタイル(ラインブレイカー、2列目からの飛び出し)。どちらか片方を前線の起点をつくるという意味で プレースタイル(ボックスストライカー、ポストプレイヤー)にしてもかまいません。

・ミッドフィルダー

最初の設定のままLMF、CMF、CMF、RMFでの起用がおすすめです。CMFのうちの1人をDMFでの起用もOK

・ディフェンダー

最初の設定のままLSB、CB、CB、RSBでの起用がおすすめです。また、オンライン戦ではサイドから裏をとられることも多いので、攻撃の仕方に慣れてきたら4CBでの起用もありです。

・キーパー

オンライン戦では相手フォワードとキーパーの1対1になることが多いため、個人的には攻撃的ゴールキーパーがおすすめです。

欠点は?

ディフェンスラインが少し高い?ように感じます。急なパスミスなどは失点に直結するので気を付けましょう

最後に

いかがだったでしょうか。今回はディエゴシメオネ(クリストバルブエナ)監督を紹介しました。

この監督は初心者でも非常に守備がしやすいので、ぜひ使ってみてください。

ウイイレ2020でのシメオネの記事はこちら↓

ウイイレアプリ2020・守備最強監督クリストバルブエナ紹介!(本名;ディエゴシメオネ)

最後までお読みいただきありがとうございました