(ウイイレアプリ2020)3バックでも扱いやすい。アントニオコンテ監督紹介!

 
皆さんこんにちは。こぶねです
今回は監督紹介をしていきます。
セリアAのインテルで指揮をとる、アントニオコンテ監督です。
ウイイレ2020では3バックですが、攻守に安定している監督で使いやすいので紹介していきます。

アントニオコンテ

(写真はウィキペディアより)

イタリア国籍、1969年生まれ

現役時代はユベントスなどで活躍したミッドフィールダーでした。

現在はセリアAのインテルの監督を務めています。

今までにユベントス、チェルシーなどのビッククラブでの指導歴もある、経験豊富な指揮官です。

アントニオコンテの戦術

フォーメーション;3-3-2-2

マネジメント;860

・オフェンシブ戦術

(クリックで拡大します)

・ディフェンシブ戦術

(クリックで拡大します)

 

※上のフォーメーションはウイイレアプリ2020リリース時のものです。

現在はアップデートにより選手の配置が変わっており、現時点での最新の配置は下の写真の通りです。

フォーメーションが3-3-2-2であることには変わりません。

フォーメーションは3-3-2-2

コンテ監督は昔から3バックのフォーメーションを好んで使っています。

今季からコンテ監督が指揮をとっているインテルでは、2トップにロメル・ルカク、ラウタロ・マルティネスを配置した3-5-2を使用していて、ウイイレでもそのフォーメーションが再現された形となりました。

攻撃時は3バック、守備時にはサイドハーフ(RMF、LMF)が下がってきて5バックになることもこのフォーメーションの特徴の一つです。

3バックではありますが、守備にも人数をかけられるのでかなりバランスの良いフォーメーションになっています。

次にコンテ監督のどんなところが強いのか書いていきます。

使いやすい理由は?

①パスが回しやすい

中盤に5人かけているのでパスが回しやすいです。

さらにサイドハーフがいるのでサイドからも効果的に攻めれます。

②2トップのカウンターが使いやすい

カウンター攻撃では2トップを起点として初心者でも比較的攻撃しやすいのも魅力です。

ワンツーパスでの強引な突破もできますし、相手キーパーとの1対1になったとき、2トップなのであえて横パスにしてもう一人が確実に決めるということも可能です。

さらに中盤の選手はOMFでも起用することができます

上に画像で載せたチームではフィルミーノがOMFの位置にいることで、2トップとボールを繋ぎやすくしてくれています。

③守備がしやすい

3バックではありますが、3バックの監督の中ではかなり守りやすい監督です。

特にミッドフィールダーに人数をかけれるため、中央からの突破はほとんどされません。

④マネジメント能力が高い

アントニオコンテ監督はウイイレアプリ2020の監督の中でも、マネジメント能力が高い監督です。

特にマネジメント能力を気にせず使いたい選手を使えると思います。

欠点は?

守備は基本は安定しているのですが、サイドから攻撃を受けた時に準備をしていないと、簡単に突破されてしまうことがあります。

特に守備対応で、サイドハーフはスタミナを消費しやすいです。

 

あとはプレッシングがセーフティのため、前からプレッシャーをかけづらい監督です。

ボールを素早く奪えないため、人によっては守りにくいと感じる方もいるかもしれません。

おすすめの起用法

欠点でも書いた通りサイドハーフは体力が減りやすいのでスタミナのある選手(またはサイドバックが適正ポジションでサイドハーフでもプレーできる選手)がおすすめです。

また、CMF(DMF)もサイドハーフが対応できなかった分の守備を担当することがあります。

ボール奪取が得意なプレイヤーを配置することで守備が安定するため、

プレースタイルは「ハードプレス」「ボックストゥボックス」などがおすすめです。

コンテの使い方

 
こぶね
ここからは簡単に使い方を見ていきます

攻撃

2トップを中心としたカウンターが強みです。

サイドのスペースも有効活用しながら仕掛けていきましょう。

また、カウンター型の監督なので中盤にパス精度の高い選手をおくことで、ロングカウンターがしやすくなります。

守備

3バックですが人数が固まっている時の守備は安定しているため、サイドハーフの守備参加も大切にして守備をしていきます。

サイドハーフがまだ戻ってきていないときには、中盤、センターバックの選手がサイドに寄せるようにして守備をしていくと効果的です。

こんな配置もできる

 
こぶね
ここからは配置例を紹介していきます

このフォーメーションですが

中央からの攻撃に特化した配置もできます↓

サイドハーフをCMF、CMFをOMFとして配置することで、さらに中央に人数をかけることができます。

特にサイドハーフがCMFになることで、守備の安定感も増します。

コンテ監督を使うならこの配置も試してみてください。

最後に

いかがだったでしょうか。

今回はウイイレアプリ2020でのアントニオコンテ監督を紹介しました。

2トップを中心に攻めやすい監督なので、ぜひ使用感を確かめてみてください。

その他監督記事は→こちらをご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。