(ウイイレアプリ)オンラインで勝つ!低チームパワースカッドでレートを上げよう

皆さんこんにちは。こぶねです。

今回はオンライン戦で勝ちたい方に向けた記事です。

僕がウイイレアプリの対人戦で、低チームパワースカッドを使って
レート1000を達成した方法について書いていきます。

もちろん誰もがレート1000を達成できるわけではありませんが、この方法を実践することで
少しでもレートを上げる手伝いが出来ればいいなと思っています。

低チームパワースカッドとは?

僕はオンラインマッチでは低チームパワースカッドを使っています。

大半の選手が白、銅、銀で構成されたスカッドのこと。

大体ですがチームパワー1300以下のチームが
低チームパワースカッドに該当すると思います。

チームパワーの低いスカッドはまだまだ強いので紹介していきます

なぜ低チームパワースカッドでレートを上げれるの?

ウイイレを始めたばかりでチームを強くしきれていない初心者と当たることが増えるからというのが
一番の理由です。


もちろん僕と同じ考えでうまい方とマッチングすることもありますが
基本は6~7割は初心者プレイヤーとあたります。

僕は一時期オンラインマッチをガチスカ(チームパワー3000以上)でたたかっていたこともあったのですが、
めちゃめちゃ負けました、、、。

というのも、チームパワーが高いとお相手さんもそれだけチームを強くできているのでうまいことが多いです。

それだけでなく、もともと選手の能力が高いので、
ウイイレが得意ではない方もある程度は選手の個の力に任せ点を取ることができてしまうんですよね。

低チームパワースカッドではそこまで選手の能力やスキルに差がないため、平等にたたかうことができます。

低チームパワースカッドの作り方徹底解説

 

こぶね
ここからはチームの作り方を解説していきます

 

監督選びが超重要

最初に監督の選び方について書いていきます。

オンライン戦では選んだ監督によって本当に勝率が変わるので監督選びは大切にしましょう。

監督のフォーメーションの選び方としてはノーマルな4バックの監督がおすすめです。
フォーメーションは4-4-2、4-2-3-1が使いやすい印象です。

また、5バックでも監督によりますが使いやすいことが多いですね。やはり守備に人数をかけられる点が良い。5バックでおすすめのフォーメーションは5-2-2-1、5-3-2など。

個人によって使いやすい戦術は違いますが、僕がおすすめする戦術は下図の通り

攻撃エリア、ポジショニング、追い込みエリアは自分の好きな監督を選んでください

フォーメーション  4バック、5バック
攻撃タイプ カウンター
ビルドアップ ショートパス
攻撃エリア  
ポジショニング
守備タイプ リトリート
追い込みエリア
プレッシング アグレッシブ

失点を減らし、カウンターで得点する戦術ですね。

オンラインでなかなか勝てない方は、まずは守備に力を入れることをおすすめします。

この条件に合った下の2監督は僕のおすすめ監督です。

シメオネ監督はウイイレでは相当人気のある監督なので知っている方も多いのではないでしょうか。シメオネを使い飽きた方は扱いは難しくなりますが、ホセぺケルマンもおすすめです。

(ウイイレアプリ)守備最強クリストバルブエナ(ディエゴシメオネ)徹底解説!

 

 

(ウイイレアプリ)2019でも最強、2018で話題だったホセぺケルマン監督紹介!

そして例外として超攻撃的な監督、フェルナンドサントスもおすすめ。

攻撃的な分、守備人数は少ないのですが
守備のコツをつかめば間違いなくオンラインで活躍してくれます。

ただ、先ほども書いた通りオンラインでなかなか勝てない方は、まずは守備に力を入れることが大切です。

最初のうちはシメオネ、ぺケルマンで守備の基礎を学び、慣れてきたらサントスにも挑戦してみましょう。

チームの作り方解説

 

 
こぶね
ここからはチームをつくっていきます
 

チームパワー1300以下というところに重点を置きスカッドを組み立てていきます。

まずそれぞれのポジションの重要性から見ていきます。

力を入れたい順としてはフォワード>ミッドフィルダー=ディフェンダー>キーパーという順です。

人選は下記の通り

・フォワード 勝つために重要ポジションなので金か銀の選手を選ぶようにしましょう。
スピードまたは高さがあるとなおよいです。

・ミッドフィルダー 攻守にわたり活躍するポジションなので銅か銀の選手を選びましょう。

・ディフェンダー 高さのある白~銀の選手を選びましょう。
スピードで競り負けてしまうことがあるので銅以上の選手が最低一人は欲しいところ。

4バックの監督の場合は攻撃の仕方になれて来たら4CBでの起用もおすすめ。

・ゴールキーパー 白の選手を選びましょう。

キーパーが有能でも近距離からのシュートは決められてしまうことが多いため、
ぶっちゃけキーパーが適正ポジションのプレイヤーを置いていればオッケーです

控え選手の選び方については2つ下の欄で書いています。

こんな感じのチームができあがりました

Jリーグが好きなので今回はJリーグの選手を多めに作ってみました。

2トップは超有能銀で有名なユスフポウルセン、スピードのあるダニーウェルベック。

監督はシメオネ(偽名;クリストバルブエナ)です

GK 菅野孝憲      
DF 田中マルクス闘莉王 森重真人 板倉滉 岩田智輝
MF セルジサンペル 中村俊輔 倉田秋 遠藤康
FW ダニーウェルベック ユスフポウルセン  

低チームパワースカッドをつくるとき重要なこと

黒玉の選手を入れないようにする 低チームパワースカッドでオンライン戦を戦っていると、
時々いるのですがCF一人だけクリスティアーノロナウドなど。

一人だけ黒玉にするとチームのバランスが悪くなるのでできればやめましょう。

控えに力を入れないようにする チームパワーを下げたスカッドなので銅は最高3人まで、
それ以外は全員白
にしましょう。

つくったスカッドで戦おう!

攻撃、守備時のポイントは今度の記事で書いていきます。
できあがったらここにURLを貼っておきますね!

最後に

いかがだったでしょうか。今回は低チームパワースカッドについて書きました

オンライン戦でなかなか勝てない方はぜひ使ってみてくださいね。

それでは!